US TOYOTAのカスタム・ピックアップトラックがヤバい!

December 21th, 2011
 数年前のラグジュアリー・カー、いわゆる「Bling Bling」なカスタムを施したクルマも相変わらずアメリカでは多いが、現在のトレンドと言えば、ヨーロピアンな落ち着いたカスタム、'60s、'70sのマッスルカーを最新技術を巧みに取り入れ、現代のHOT RODとして甦らせるスタイルなど、多岐に渡るのはご存知の通り。そんな数あるカスタムスタイル、セグメントのセレクトで、hayabusaとして推してみたいのが、質実剛健な、いかにもアメリカンなピックアップトラックを、実用性とスタイルのクールさをバランス良く取り入れ、ハードコアなスタイリングに仕上げて行くというカスタマイズ。

今回紹介するTOYOTAの3車種は、今年ラスベガスで開催された「SEMA SHOW」に出展された3台。どれもがかなりハードかつ、実用性重視ながら、どれもが思い切ったカスタムが施されている。
trak_01.jpg

trak_02.jpg 
trak_03.jpg

 カスタム業界でその名を知らぬものはいない「WEST COAST CUSTOMS」が手がけた「DC SHOE」モデルのダブルキャブのタンドラはすべてフラットブラックで塗装が施されたエクステリアと、モトクロス仕様に特化したカスタムで、ベッドのサイド部分にはエアコンプレッサーやバイクへの給油もできるノズルなど、最強のトランスポーターとして仕上げられている。

trak_12.jpg

trak_06.jpg

trak_07.jpg

 「OAKLEY」のタコマはサーフトリップ仕様。ベッド部分にはBBQグリルやクーラーボックス、果てはシャワーまで完備という気の利いた仕様。しかしキャンピングカーのような野暮ったさが一切感じられないのはカスタムセンスのなすところだろう。

trak_08.jpg

trak_10.jpg

trak_11.jpg
そして完全な砂漠レース仕様のタコマは「LONG BEACH RACER」と名付けられた超本格仕様。ベッド部分はくり抜かれ、ロールケージが組まれた上にスペアタイヤ。一般道でこれはさすがにやり過ぎだが、テイストはぜひ真似してみたいところ。

日本では、ほとんどNEWモデルがリリースされることもなくなってしまったオフロード・ピックアップトラック、この3サンプルを見て、ぜひクルマ好き、アウトドア好きにはトラックに乗っていただきたい!



■info.
TOYOTA USA
http://www.toyota.com/









関連記事: